song)composed by AI – in the style of the Beatles


 ↑
2021年8月29日追記。

けっこう古めのニュースでした。AIがビートルズの楽曲を学んで作曲をする。という話し。音楽「Daddy’s Car」は、なんか、ジョージの未公開トラックとか言われたらちょっと信じそう。
いろいろ怖くなる、話題でした。

ソニーコンピュータサイエンス研究所(Sony CSL)のResearch Laboratoryは9月19日、人工知能(AI)を使ってビートルズ風のポップソング「Daddy’s Car」を作曲したと発表した。
この曲を含むAIが作曲した曲を収めたアルバムが2017年にリリースされる見込みという。

IT media news ■AI作曲の“ビートルズ風”新曲、Sony CSLが公開(けっこうそれなり)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1609/23/news059.html

XXwww.youtube.com/watch?v=bSIlvKzxoto
X(本家消えた2018/10/24)https://www.youtube.com/watch?v=LSHZ_b05W7o

完全にAIが作曲したのではなく、作曲家が「Flow Machines」というAIソフトを操作して作曲し、歌詞は人間が付けた。

 Flow Machinesは、「LSDB」という楽曲データベースと作曲ツール「FlowComposer.」、「Rechord Player(リンク先はPDF)」という波形接続型音声合成エンジンで構成される。作曲家はLSDBに登録された多様なジャンルの約1万3000件のリードシート(楽曲の旋律とコードと歌詞だけを抜き出した楽譜)からスタイル(Daddy’s Carの場合は「Beatlesスタイル」を選択)あるいは複数の楽曲を選び、FlowComposerで新たなリードシートを作成し、Rechordで編曲する。

 最終的な仕上げとミキシングは人間が行う。

 Daddy’s Carの他に、米国の複数の作曲家(アーヴィング・バーリン、デューク・エリントン、ジョージ・ガーシュイン、コール・ポーターなど)のスタイルで作曲した「Mr Shadow」という曲も公開されている。



それを人間がカバー?

flow-machines.com
Imaginary Line

▼2021/07/16追記、みのミュージックで集中特集2021-06
AIが作ったビートルズの新曲の完成度が…?

2 comments

  • 6i6  

    本家映像が消えていたので、少し編集。スペイン版が消えたらもうダメだな。

  • 6i6  

    みのミュージックで集中特集 AIが作ったビートルズの新曲の完成度が…?を追記

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Produced by YAZKA D.E.D. (C) 2015-2022