cinema)キセキ あの日のソビト

kiseki

映画) キセキ あの日のソビト
松坂桃李と菅田将暉のダブル主演で贈る、GReeeeNの名曲「キセキ」誕生にまつわる“軌跡”と“奇跡”を描く“輝石”の物語!

2008年に発売され、ギネスに「日本で最も売れたダウンロード・シングル」として認定され、広く知られるGReeeeNの名曲「キセキ」。その誕生にまつわる軌跡と奇跡を描きだす輝石の物語を松坂桃李、菅田将暉のダブル主演で映画化!監督は『海街diary』『そして父になる』など多くの是枝裕和監督作品の助監督を務めた兼重淳。脚本は『秘密』でシッチェス・カタロニア国際映画祭最優秀脚本賞を受賞、その後も精力的に映画脚本を手掛ける斉藤ひろしが手がけ、厳しい父親のもとで音楽への道を志す兄弟の姿を描き出す!
タイトルの“ソビト”とは:素人または空人。呼称。自由に新しいことに挑戦していく人のこと。GReeeeNによる造語。

【ストーリー】
歯医者も歌も、どっちも本気!前代未聞の覆面ボーカルグループ!誰もが知る名曲誕生にまつわる“軌跡”と“奇跡”を描いた“輝石”の物語。
厳しい父の反対を押し切り家を飛び出したミュージシャンの兄ジン。父の想いを受け、歯医者を目指す弟ヒデも、仲間と共に音楽の魅力に引き寄せられていた。音楽に挫折していた時、弟たちの才能を知ったジンは、そんな彼らに自分の夢を託すことを決意する。
歯医者はやりたい、歌もやりたい。でも恐ろしい父親には絶対に言えないーー。そこで彼らがとった、ありえない作戦とは!?それは前代未聞の顔出し無しのCDデビューだった・・・。
【キャスト】
松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、平祐奈、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、早織、奥野瑛太、野間口徹、麻生祐未、小林薫

兄、松坂桃李、かわいそすぎ、タバコ吸いすぎ
弟、菅田将暉、そんなに才能あったのか?デビュー&ヒットまでがトントン拍子すぎ
(兄弟の音楽的背景がよくわからん)(冒頭の海援隊アゲはちょっと不思議だった)
父、小林薫、すぐ殴りすぎ、それでも医者か
母、麻生祐未、ちょっと過保護かも
(息子たちが父にビビりすぎなのかも)
レコード会社の野間口徹、悪役すぎ(なんて冷静に憎たらしいこと)

忽那汐里と姉はよくわからん役回り

兄のバンドの音楽はヘビメタじゃないだろう、オルタナティブじゃろう

GReeeeN改めて聴くと、音の高低、ハモリなど音楽的にしっかりしてたのね

平祐奈のエピソードはなんなんだろうって思ってたが、最後への伏線だったのね

父「歌手は医者には勝てん」→からの→「やるならGReeeeNみたいになれ(一同ポカーン)」

松坂桃李は、これ(無所属ディレクター)で金もらってんのか? なぜ自宅録音をいつまでもやってるのか?
あぁ覆面歌手だからか、そういう設定か、歯科医とレコード会社は接しないのか、プロモもライブもしない設定か

掘り下げ、恋愛成分など物足りないが、ヤングティーン向け、さわやか音楽映画、青春群像劇、挫折と成功のストーリーとして、合格点はあげられます。もうちょっとドラマチックには作れただろうけどね。

▼これはグリーンボーイズ「声 Short Ver.」

【2018/01/08 Amazonプライム・ビデオ】

One comment

  • 6i6  

    (菅田将暉、横浜流星、成田凌、杉野遥亮)グリーンボーイズ
    当時は菅田将暉だけ有名だった気がするが、2021年ともなると、4人とも知られるようになってきたよね。
    (杉野遥亮もテレ東-1月金深夜ドラマ「小学三年生」で面白いことやってるw)

    そして、GReeeeNも紅白に出場 姿は微妙なCGだったが w

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Produced by YAZKA D.E.D. (C) 2015-2021