cinema)Quadrophenia さらば青春の光

Quadrophenia ~ さらば青春の光

1973年のザ・フーによる同タイトルのロックオペラを原作とした1979年のイギリス映画である。舞台は1960年代初期のロンドンで、ダンスやパーティー、アンフェタミン、スクーター、敵対するロッカーズたちとのケンカによって郵便係の仕事を失い、活気のない生活から逃避するモッズの青年ジミーをフィル・ダニエルズが演じる。

mov-posterQuadropheniaJ

監督:フランク・ロッダム
脚本:デイヴ・ハンフリーズ、フランク・ロッダム、マーティン・スティールマン、ピート・タウンゼント
製作:ロイ・ベアード、ビル・カーヴィッシュリー
出演者:フィル・ダニエルズ、レズリー・アッシュ、トーヤ・ウィルコックス、フィリップ・デイヴィス、マーク・ウィンゲット、スティング、レイ・ウィンストン
音楽:ザ・フー
撮影:ブライアン・テュファーノ
編集:ショーン・バートン、マイク・テイラー
公開:1979年
上映時間:117分
製作国::イギリス



スティング=エース(アイス英)
1分30秒くらいに登場、確かに目立ってますが、このダンスかっこいいか?と思ったのが初見の私w。
憧れてたアイスがホテルのベルボーイだったのに失望して主人公がラストに向けて壊れていくんだよね。


ラストシーンは自殺なのか、バイクを捨て(て卒業し)ただけなのか。の賛否両論。
青春のリビドー暴発-ドラッグ-音楽ムービー。暴走族や不良な方、悶々とする高校生に観ていただきたいかな。モッズのバイブル。→尾崎豊みたいなもんんかな。


 ↑
こんなのYoutubeで大丈夫かと思ったら、ラストの音差し替えられてたw
フーリガンですね。暴動はいけませんね。
 ↓↓


あの崖カッコイイ。なんか本郷奏多くんみたい。

#昔好きだった だんだん遺書っぽくなってきた
mov-posterQuadropheniaJ2

One comment

  • 6i6  

    ちょこっと文章追加手直しした

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Produced by YAZKA D.E.D. (C) 2015-2020