Jdrama)火花 Netflix版

SQspark予告編www.youtube.com/watch?v=egfCw1e8in4
ようやく、見終えたので。(4日かかりましたぜ)
又吉ベストセラー原作なのはご存知の通り。
ウィキペディア 火花(小説)

Netflixがドラマ化したバージョンの方です。
(他に板尾創路 監督脚本での映画版がある、それはまだ観てない)(小説も読んでません)
林遣都、波岡一喜
2つの漫才コンビの焼け付くような一つの時代を追っかけた風。ドキュメンタリーではもちろんないんですが、ドキュメンタリー風。密着ドキュメントの体裁はありますね。

10話なので。長いです。セリフ聞きとりにくい部分が結構あります。
聞き取らせる気、(文章もノートに書いているんですがそれを)読み取らせる気ないですね。製作者は。
視聴者としてどういう感じで見ていけばいいんだろうと、試行錯誤させられます。
漫才の部分は笑えたりするんですが、その他の部分があまり笑えなく。エンターテインメントやカタルシスを期待すると違うと思います。
(聞きとりにくい音もそうですが)自主制作映画のテイストも結構あって、手持ちカメラでブレ気味の映像とか、好き嫌い分かれると思います。私は好きなほうですが、でも10時間近いのは結構疲れます。

疲れるのは、演者が漫才師のリアルをやってる、演じられてるからじゃないでしょうか。波岡のキッツイ大阪弁とかホンマもんですから。ウケないと落ち込み、喧嘩もするし、酔って騒ぐし、事務所の人間も、テレビ業界の人間もいろいろキッツイです。リアルなのかな。と思います。
吉祥寺中心にしての中央線貧乏芸人ライフも、あぁって染みましたが。ね
「弟子になる」経緯はあまり説得力ないかとは思いましたが、兄弟子として慕うというのはいいんじゃないかな。と

林遣都の代表作になったと思います。
3人のヒロイン的役回りの女優<高橋メアリージュン、徳永えり、門脇麦>が良かった。惚れそうになります。

音楽が良いのもあったね。
音楽 – 上野耕路、石塚徹
主題歌 – OKAMOTO’S「BROTHER」

comic)描かないマンガ家が近いかも

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Produced by YAZKA D.E.D. (C) 2015-2019